絵の対象となるお写真について
・大きめに写っているもの。毛並みなどがはっきり写っている写真(お顔部分でゴルフボール大以上)。
・太陽光の下で、フラッシュを使わずに写したもの(フラッシュは、瞳の色や毛並み、
 お顔の立体感を白っぽく写してしまうので、絵に再現出来ません。資料写真としてならOKです) 
・元になる写真と参考写真を5〜10枚(多い程良いです)同封してください。
・お預かりした写真は、完成した作品と一緒にお返し致します。
※写真写りは、絵の出来を大きく左右します。そのためお写真によっては交換をお願いしたり 、
 お引き受けできない場合もありますのでご承知ください。


 

                 
良い例)L判でこれぐらいが理想的です。大型犬・全身の絵をご希望の場合は、特に大切です。
 
     
                     
悪い例(いずれも私の撮影ミスによるものを、サンプルとして使っています)  
                     
           
               
フラッシュにより、わんちゃんの毛色や毛並みが光すぎて分かりません。   左の写真と同じわんちゃんを、フラッシュを使わず撮影したもの。このぐらいならOKです。    
               
 
このぐらいの大きさの補足資料があればOKです。
小さすぎて、個体の特徴が分かりません。    
               
         
こちらは人物お写真サンプルです(私の何年前の・・・汗)。
大きさはこんな感じでも・・・
   

拡大してみても、これぐらい見えるのが理想です。

     
               
なかなか良いお写真がない、ということは良くありますが、お写真の善し悪しで作品の出来は
全く違ったものになります。 撮影しなおせない、という場合は絵を見て印象から推察しての制作と
なりますので、それなりの出来になる事をご了承の上で制作をお引き受け致します。